前へ
次へ

行政書士の仕事内容のついて

行政書士は、権利義務や事実証明及び、中小企業の支援に関する書類作成や相談がその主な仕事内容になります。権利義務に関する書類作成とは、依頼者の権利の発生や存続、変更、消滅等の意思表示を文書にした書類を作成することです。次に事実証明に関する書類作成とは、内容証明や公正証書の作成、実地調査に基づく位置図や案内図、現状測量図などの図面類、各種会議の議事録や会計帳簿の作成です。最後に中小企業の支援に関する業務とは、中小企業の経営の継承や知的財産に関すること、企業再生に関すること、経済産業省や中小企業庁に関わる業務の書類作成などを指します。このように個人に対するものから、法人に対するものまで行政書士の仕事内容は多岐に渡ってると言えます。

top用置換

top用置換2
Page Top